作者別: author014

液タブ選びで注意することは? 初心者のための8つのポイント

液タブは、手を動かす場所と表示される画面が分かれている板タブと違い、すべてが一体になっています。

つまり、普通に紙に描くときと同じように、スムーズな作業ができるのです。

そのため、液タブは初心者に最適の商品ですが、初めて選ぶときは、種類の多さに戸惑ってしまうこともあります。

そこで、初心者向けに選び方のポイントを説明していきます。

メーカーを見て選ぼう

液タブのメーカーで最も信頼できるのは、ワコムになります。

ワコムは大手のペンタブレットメーカーであり、シェア率が高く、実績もあるので安心です。

ただし、値段は少し高めなので、なるべく費用を抑えたい人や、「試しに使ってみたい」という人には、あまりおすすめできません。

その場合は、ワコム以外の安価な商品を購入しましょう。

かつては、液タブといえばワコムが主流となっていましたが、現在では、他のメーカーの商品も多く販売されているのです。

しかし、安い商品の中でも、中国製の液タブには注意してください。

中国のメーカーは、マニュアルが日本語ではなかったり、不具合が多いなどのデメリットがあります。

また、何かトラブルが起こっても、サポートが整っていないメーカーが多いので、しっかり対応してくれないことがあるのです。

そのため、液タブを選ぶときは、メーカーをよく見て選ぶようにしましょう。

サイズで選ぼう

液タブは、商品によって大きさが異なるため、サイズは必ず確認するようにしましょう。

サイズをよく見て選ばないと、買ったあとで使いにくさを感じてしまうことも多いので、この点は重要です。

液タブは、一般的には、サイズの大きい商品が使いやすくなります。

別の場所で手を動かす板タブとは違い、液タブは画面の上で手を動かすので、なるべく大きい方が、窮屈さを感じずに作業できるのです。

しかし、だからといって、むやみに大きい商品を選ぶのはよくありません。

作業台などが狭かったりすると、大きすぎるものでは、使いにくくなってしまいます。

机や作業台の大きさ、奥行きといった要素も考慮して、自分が一番使いやすい商品を選びましょう。

筆圧レベルで選ぼう

液タブは、筆圧レベルによって描きやすさに違いが出てくるため、選ぶときは、この値も忘れずにチェックしておきましょう。

筆圧レベルが高ければ、細かい作業がしやすくなるので、繊細な絵を描きたいときなどは、なるべく高い値の商品を選んでおくべきです。

かつては、512程度の低いレベルの商品も多くありましたが、現在では、1024や2048など、かなり高くなっています。

中には、筆圧レベル8192という高性能の液タブもあるのです。

軽く絵を描くくらいなら、それほど高いレベルでなくても問題はありませんが、本格的なものに取り組む予定があるなら、筆圧レベルが高いものを選んでおけば、スムーズに作業を進めることができます。

接続方法の違いに注目しよう

接続方法の違いを確認しておくことも、液タブ選びでは大切なポイントのひとつです。

液タブには、パソコンと接続していなければ使えない商品と、単体でも使用可能な商品があります。

この違いをよく見ておかないと、購入したあとで困ることになってしまいます。

液タブを使う場所は、自宅や職場ばかりとは限りません。

持ち歩いて、いろいろな場所で使う場合もありますが、そのためには単体で使える商品が必須になります。

場所を固定せずに使うなら、パソコンと接続するタイプの商品は不向きなのです。

選ぶときは、実際に使うときのことを考えて、接続方法を必ず確認しておきましょう。

また、板タブと液タブでは、接続に必要なものが異なる点にも注意してください。

板タブの場合は、USBケーブルがあれば問題ありませんが、液タブではHDMIが必要になる商品があります。

パソコンの接続端子を確認しよう

パソコンと接続するタイプの商品であれば、液タブだけでなく、パソコンの接続端子も重要になります。

なぜなら、対応する接続端子がパソコン側になければ、液タブを接続することができないからです。

そのため、液タブがパソコン接続タイプの場合は、使用するパソコンの端子がどうなっているか、必ず確認してください。

液タブの接続方法とパソコンの端子が合っていれば、安心して購入することができます。

そして、パソコンの端子を確認するなら、HDMI端子の有無には、特に注意しておきましょう。

液タブの接続には、HDMIを用いることが多いですが、パソコンによっては、HDMI端子がない商品もあります。

その場合は、変換アダプタを使うことで解決できる場合もありますが、変換アダプタも、パソコンと合っていなければ不具合が出る可能性があります。

変換アダプタに関しても、使用するパソコンに対応しているかどうか、よく確認することが大切です。

パソコンのOSを確認しよう

パソコンと接続する液タブは、パソコンのOSが対応しているかどうか、必ず確かめるようにしましょう。

OSとは、Windows10やMacといった、パソコンの基礎となるシステムであり、このシステムと液タブが合っていなければ、不具合が出てしまいます。

そのため、たとえ接続端子が合っていたとしても、OSによっては、使えないこともあるのです。

特に、古いOSを使っている場合は対応していない可能性が高いので、安易に決めたりせず、OSを確認してから選ぶようにしましょう。

新しいOSであれば、ほとんどの液タブが対応しているため、大抵は問題なく使用できますが、念のため確認しておけば、より失敗は少なくなります。

マルチタッチで選ぼう

液タブ選びでは、マルチタッチの有無で選ぶ方法もあります。

マルチタッチとは、簡単にいえば、指で画面に触れて、拡大や縮小を行う機能のことです。

これは、スマートフォンでは当たり前の機能ですが、液タブで必要かどうかは、人によって違います。

もし必要性を感じないようであれば、マルチタッチがない商品を選んでおきましょう。

一般的に、マルチタッチの液タブは、通常の液タブよりも値段が高くなります。

そのため、費用を抑えるために、必要最低限の機能を重視するような場合は、マルチタッチがない方が適しているのです。

ただし、その時点では必要なかったとしても、後から使う可能性が高いような場合には、最初からマルチタッチの液タブを買っておきましょう。

マルチタッチ機能は、ONとOFFを切り替えることができるため、使わないうちはOFFにしておき、必要なときだけONにすればよいのです。

値段で選ぼう

液タブを選ぶなら、商品の機能も大切ですが、値段も重要なポイントになります。

特に、なるべく費用を抑えたいなら、値段を考慮しないわけにはいきません。

液タブは安価な商品ではなく、基本的な値段は、約10万円です。

使いやすさを優先してサイズの大きい液タブを選んだ場合は、20万円になることもあります。

そのため、サイズや機能などは、本当に必要かどうか、慎重に検討するようにしましょう。

大きいサイズがそこまで重要でないなら、コンパクトな商品にしておけば、値段は安くなります。

マルチタッチなどの機能も、どうしても必要なものでなければ、極力シンプルな商品を選んだ方が、費用を抑えることができるのです。

また、最近の商品の中には、3万円程度のかなり安い製品も多くありますが、その場合は、先述したようにメーカーをよく見て決めてください。

中国製がすべて質の低い商品とは限りませんが、不具合やトラブルが気になる人は、注意して選びましょう。

まとめ

液タブ選びでは、メーカーや機能、スペックなど、重要なポイントが多くあります。

選ぶときは、それらのポイントのどれかひとつではなく、複数の要素を総合的に見て検討するようにしましょう。

安さばかりに注目したり、サイズだけ見て決めたりすると、失敗することが多くなります。

そのように安易に決めるのではなく、さまざまな要素を組み合わせて、最も相応しいと思える商品を見極めてください。

自分にぴったりの液タブなら、より快適な作業をすることができます。

液タブの基本的な使い方とは?重要な8つのポイント

液タブは、デジタルで絵を描くときに便利なアイテムのひとつです。

デジタルの絵なら、板タブを使う方法もありますが、板タブは、ペンを動かす場所と画面が分かれているので、少し使いづらく感じてしまいます。

しかし、液タブはそれらが一体になっているので、初心者であっても、紙に絵を描くような感覚で作業ができるのです。

では、そんな液タブの基本的な使い方について、詳しく説明していきます。

液タブはマルチモニタとして使う

液タブは、基本的に単体で使うことはできません。

多くの商品が、パソコンと接続して使うようになっています。

つまり、液タブというのは、モニタをもうひとつ増やして使うようなものなのです。

パソコンのモニタを増設して、マルチモニタの環境を構築するとき、きちんと接続されていなければ、新しいモニタには何も映りません。

この場合と同じように、液タブも、接続することで使用可能になるのです。

そのため、液タブの使い方としては、イラストの全体はパソコンのモニタに映し、液タブには一部を映して、より詳細な作業をするというのが一般的なものになります。

液タブは、細かい作業をスムーズに進めるには、とても便利なアイテムなのです。

ただし、液タブにもさまざまな種類があり、中には、パソコンとの接続を必要としない商品もあります。

その場合は持ち運びが可能であり、場所を固定せずに、どこでも作業を始めることができるのです。

しかし、そうした商品は値段が高く、通常の液タブよりも低スペックになっていることがあるので、購入するときは注意してください。

ドライバのインストール

液タブに限ったことではありませんが、付属機器を初めて使うときは、多くの場合、ドライバをインストールする必要があります。

パソコンにドライバをインストールすることで、正常に機器を使用できる状態になるのです。

液タブの場合も、使うときには、まずドライバのインストールから始めてください。

インストールは、付属のCD-ROMを使って、誰でも簡単に行うことができます。

流れとしては、まずCD-ROMからパソコンにドライバをインストールし、続いて液タブのセットアップを行っていきます。

それが完了すれば、いつでも液タブが使用できるようになるのです。

以前のドライバはアンインストールしよう

液タブは、初めて使う人であれば、普通にドライバのインストールをしても、何も問題はありません。

しかし、以前にも液タブを使っていて、別の商品を新しく購入した場合には、インストールよりも先に、まず済ませておくべきことがあります。

それは、前の液タブのドライバを、しっかりアンインストールしておくことです。

これは、不具合を回避するために必要な作業になります。

パソコンに複数のドライバがあると、それらが競合し、正常に動かなくなることがあるのです。

そのため、新しいドライバをインストールする場合には、必ず以前のものをアンインストールしておく必要があります。

パソコンのドライバがひとつになっていれば、不具合が出る心配はありません。

パソコンと接続するときの注意点

板タブは、基本的にUSBケーブルがあれば接続できますが、液タブを接続するときは、HDMIやDVIを使用します。

多いのはHDMIですが、入力端子は商品によってまちまちなので、接続の方法については、最初によく確認しておいてください。

また、せっかく液タブを買っても、パソコンの接続端子が対応していない場合もありますが、そんなときは、変換アダプタを使うのがおすすめです。

変換アダプタを使用すれば、パソコン側にHDMI端子がなかったとしても、問題なく接続することができるのです。

ただし、変換アダプタがパソコンに合っていなければ、やはり不具合が起きてしまうので、その商品が対応しているかどうか、よく確かめてから使いましょう。

そして、パソコンの接続端子の数にも注意してください。

先述のようなマルチモニタ環境を構築するには、メインモニタと液タブを接続するため、最低でも2個の端子が必要になります。

もし接続端子がひとつしかない場合は、液タブをメインのモニタとして使うようにしましょう。

ペンの使い方

液タブのペンは、普通のペンと同じように持ち、パネルに接触させて動かすことで線を描くことができます。

ただし、ポインタを動かすときには、接触させておく必要はありません。

液タブは、画面から少し離した状態でも動作するので、浮かせたペンを動かすことで、画面上のポインタを移動できるのです。

また、ペンを当てたときの感度は、パソコンのコントロールパネルから簡単に調節できます。

この設定を変えることで、紙に描くときの感覚に、より近づけることができるのです。

自分が一番使いやすい感度にしておけば、作業も捗ります。

そして、ペンの側面についているサイドスイッチにも注目しましょう。

購入したときのサイドスイッチは、パソコンの右クリックと同じ役割に設定されていますが、コントロールパネルで、その役割を自由に変更できます。

ダブルクリックや、さまざまなショートカットキーの役割を設定し、便利に使うことができるのです。

このサイドスイッチも上手に使いこなせば、よりスムーズに作業を進めることができます。

ペン先は交換しよう

液タブのペン先は、長く使っているうちに、どうしても削れてくるものです。

そのため、ペン先は消耗品と考えておき、劣化してきたら交換するようにしましょう。

ペン先の交換は、劣化したものを抜き取り、新しい芯を取りつけるだけなので、とても簡単です。

削れたペン先のまま使っていても、正常に作動しないことがあるので、ペン先の状態はときどきチェックしておき、しっかり交換して使ってください。

また、なるべくペン先を劣化させないように、丁寧に扱うことも大切です。

使ったあとは、適当な場所に放り出しておくのではなく、指定されている本体の場所に保管しましょう。

丁寧に扱っていれば、消耗を遅らせることができます。

スタンドを使おう

大きいサイズの液タブの多くは、専用のスタンドが付属しています。

机で作業をするときは、それを使って、立てかけおくのがおすすめです。

大きい液タブだと、ただ置いておくと場所をとりすぎてしまい、不便に感じることもあります。

特に、作業するスペースがあまり広くない場合は、できるだけ場所をとらない使い方をしたいものです。

そんなときにスタンドがあれば、液タブを立てることができるので、狭いスペースにもすんなりと収めることができます。

また、スタンドは角度を変えることができるので、自分が使いやすいように調節すれば、より作業がしやすくなるのです。

ただし、筆圧によってスタンドが傾いたり、腕が疲れてしまうというデメリットもあります。

もし使いづらく感じるようなら、無理に立てず、普通に置いて使いましょう。

マッピング画面切り替え

液タブは、基本的にひとつの画面上で絵を描くものですが、マッピング画面切り替え機能をうまく使えば、液タブから他のモニタを操作することもできます。

例えば、液タブからデスクトップ全体に切り替えた場合、液タブのみに表示されていたポインタが、デスクトップのモニタに表示されるようになるのです。

複数のモニタを使用するマルチモニタ環境であれば、どのモニタにも自由に切り替えることができ、より作業がしやすくなります。

この機能は、ペンのサイドスイッチに役割を設定しておけば、ボタンをひとつ押すだけで、簡単に使うことができるのです。

まとめ

液タブは便利なアイテムですが、初めて使うときは勝手がわからず、いろいろと戸惑うこともあります。

そんなときは、ここで紹介した使い方を参考にしてみてください。

基本的な使い方をしっかり押さえたら、あとは少しずつ練習して、慣れていくようにしましょう。

液タブを使いこなすことができれば、普段の作業がもっとスムーズになります。