自分に合った液タブを見つけるには? 4つの目的で考えるチェックポイント

自分に合った液タブを見つけるには? 4つの目的で考えるチェックポイント

HUION GT-156HDV2 液晶タブレット フルHD 15.6インチ 8192レベル筆圧感知液タブ

液タブといえば、デジタルで絵を描くときは、とても役立つ商品です。

しかし、その種類はたくさんあるので、自分にぴったりの商品を見つけるのは、なかなか難しいものです。

そこで、液タブを選ぶときによくある4つの目的と、それぞれのチェックポイントを紹介していきます。

これから液タブを始めたい人は、参考にしてみてください。

使いやすいものが欲しい

液タブを選ぶときは、使いやすさを重視したくなるものです。

せっかく買っても、使いにくい商品では、スムーズに作業を進めることはできません。

あまり使いにくいと、そのうち避けるようになり、最終的にはまったく使わなくなることもあります。

そのため、使いやすさがあるかどうかは、液タブ選びではとても重要です。

使いやすい液タブなら、作業もサクサクと進み、しっかり活用することができます。

そして、「使いやすい液タブが欲しい」という目的がある場合、チェックしておくべきポイントは、そのサイズです。

液タブで絵を描くなら、小さいものよりは、大きい方が描きやすくなります。

これは、腕を動かす範囲が広くなるからです。

小さすぎるものは、腕をあまり動かすことができないため、「狭くて描きにくい」と感じることが多くなります。

使いやすいサイズに注目

液タブは、一般的には大きいサイズの方が広くて描きやすいものですが、だからといって、むやみに大きいものを選ぶと失敗することもあります。

例えば、作業するスペースが狭い場合、あまり大きな液タブを購入しても、逆に不便さを感じてしまいます。

膝の上に乗せて使う方法もありますが、それで描きやすく感じるかどうかは、人によって違うものです。

また、人の体の大きさも千差万別なので、必ずしも小さいサイズが使いにくいとは限りません。

人によっては、少し小さめのサイズでも、それほどストレスを感じたりはしないものです。

したがって、基本的には大きめの商品がおすすめですが、最も大切なのは、自分が使いやすいと感じるサイズになります。

ただ大きいものを優先するのではなく、その大きさが本当に使いやすいかどうか、よく考えてから決めてください。

細かい作業がしたい

絵を描くときは、かなり微妙な表現が必要になることもあるので、細かい作業にも対応できる液タブを選ぶことは、重要なポイントになります。

ちょっとした落書き程度であれば、それほどの性能がなくても十分に使用できますが、本格的な絵を描く場合、細かい作業ができることは、欠かせない要素なのです。

ここで注目しておきたいのは、液タブの筆圧レベルになります。

筆圧レベルとは、簡単にいえば、ペンの動きを読み取る性能のことです。

この値が高い液タブは、ペンの動きを正確に読み取ってくれるので、よりスムーズに作業を進めることができます。

繊細な表現をするためには、このような優れた読み取り性能が必要なのです。

したがって、できるだけ細かい作業をすることが目的なら、筆圧レベルの高い液タブを探しましょう。

最近の液タブは高性能なものが多く、筆圧レベル1024や2080といった商品も、簡単に購入することができます。

また、より本格的な作業をするのであれば、さらに高い8192がおすすめです。

初心者にもぴったり

液タブの筆圧レベルの高さは、細かい作業をするときだけでなく、初めて液タブを使う人が早く慣れるためにも役立ちます。

紙に絵を描くとき、自分の手の動きと、それによって描かれる線の間に、違和感を感じる要素はありません。

しかし、筆圧レベルが低い液タブだと、ペンの動きの読み取りが鈍いため、描きにくさを感じることが多いのです。

一方、筆圧レベルの高い液タブなら、ペンの動きにしっかり反応してくれるため、紙の感覚と近くなります。

そのため、紙に描いていた人がデジタルに変更する際は、筆圧レベルが高い商品を選んでおくと、スムーズに移行することができるのです。

持ち運びできるものが欲しい

液タブは、パソコンと接続して使うのが一般的な使用方法になります。

つまり、液タブを使うということは、マルチモニタの環境と同じなのです。

しかし、作業をする場所が必ずしも固定されているとは限りません。

他の場所に持って行きたい場合、常にパソコンと接続して使うものは、不便に感じてしまうことがあります。

そんなときは、持ち運びが可能な液タブを選ぶようにしましょう。

液タブの中には、パソコンと接続しなくても使用できる便利な商品もあるのです。

そして、目的が持ち運びできる液タブなら、チェックすべきポイントは、OSの有無になります。

OSが搭載された液タブは、単体で動かすことができるため、パソコンとセットにする必要はありません。

そのため、液タブだけを持って、どこへでも自由に運ぶことができるのです。

また、自由に移動できるというメリットは、スペースを有効活用したいときにも役立ちます。

サイズは小さめ

OS搭載型の液タブは、一見するとメリットばかりのようですが、少し注意したいこともあります。

それは、大きいサイズがあまりないことです。

持ち運ぶことを考えれば、コンパクトなサイズであることは優れたポイントでもありますが、人によってはマイナスになります。

先述したように、腕を動かす範囲が狭いと使いにくく感じることがあるため、サイズにもこだわるなら、安易に決めるべきではありません。

最も優先すべきことを見極めて、慎重に検討しましょう。

安価なものが欲しい

液タブは、あまり安い商品ではありません。

基本的には10万円くらいかかるもので、高いものだと20万円になることもあります。

そのため、予算が少ない場合、何よりも優先すべきポイントは、安さであることも多いのです。

少しでも安いものを購入するなら、小さめのサイズで、余計な機能がないシンプルなものを選んでおきましょう。

サイズが大きいものやOSを搭載しているものは、その分だけ値段が高くなりがちです。

そして、目的が安い液タブであれば、メーカーにも注目してください。

日本のメーカーだと高めの値段が多くなりますが、中国のメーカーなら、3万円くらいで購入できるものもあり、費用を抑えるためには最適です。

海外メーカーの注意点

液タブに限ったことではありませんが、激安で高品質という商品は、あまりないものです。

安い商品の場合、性能なども値段相応になっていることが多いので、その点には注意しておきましょう。

ただし、現在は技術が向上しているので、「値段が安いからよくない」と考えるのも早計です。

安くても、あまり本格的な作業でないなら、十分に使える商品もあります。

高性能なものより、安くてそれなりに使える商品が欲しい場合には、激安でも特に問題はありません。

また、海外のメーカーだと、マニュアルが日本語ではなかったり、電源プラグが3Pになっていることがあります。

日本製であればすぐに使用できますが、そのような違いがあるときは、使い始めるまでに少し手間がかかるので、海外メーカーの液タブを検討するなら、この点にも注意してください。

まとめ

液タブを購入する場合、どのような点を優先して選ぶかは、人によって違いがあります。

ただし、どんな液タブを選ぶにしても、「自分に合っているか」というポイントは、外さないようにしてください。

高性能でも安くても、自分に合っていない商品を選ぶと、快適に使うことはできません。

自分が優先したいことを明確にして、ぴったりな液タブを見つけましょう。